奥大井・南アルプスマウンテンパーク 井川情報ステーション
トップページえ
リンク集
サイトマップ
井川だより イベント トレッキング・ハイキング 登山 観光 交通アクセス 掲示板
メインメニューの終わり
現在いる階層の表示の始まり現在いる階層の表示を読まない
 トップページ登山> 各コース紹介
現在いる階層の表示の終わり
登山―各コース紹介
サブメニューの始まりサブメニューを読まない
トップページ
地図から探す
各コース紹介
山小屋紹介
南アルプス登山観光情報
サブメニューの終わり

写真を見る 写真を見る 写真を見る 写真を見る 写真を見る 写真を見る
他のコースを見る
南アルプス最南端の3000m峰へ
茶臼小屋から聖岳、聖平小屋
所要時間:7時間45分

写真を見る装備チェックシート(PDFファイル:30kb)登山・下山者カード(PDFファイル:184kb)

茶臼小屋からひと登りで稜線に出る。稜線の分岐を右に折れ、ゆっくり歩いていく。分岐からは歩きやすい砂礫の道で少し下り、しばらく行くと亀甲状土草原に着く。さらに縦走路を歩き、奇岩の竹内門をくぐり上河内岳分岐へ向かう。分岐からは20分程度で上河内岳が往復できるので、ぜひ登って見たい。ここから南岳までの稜線は二重山稜になっていて花も多く美しい。南岳手前でヤセ尾根を通過するが、東側が急傾斜で要注意。南岳を後にして、崩壊壁で縁に沿って歩いて行くが、左下(西側斜面)は崩壊が進んでいるので、足場や突風には十分気をつけ慎重に歩きたい。このガレ場の稜線を抜ける道は林の中に入って行き、草原の分岐点から右へ向かうと聖平小屋に着く。分岐を左に入ると、道標が立つ薊畑分岐に出る。
タケカンバの林から、ハイマツ帯をぬけると、砂礫や浮石が多く歩きにくい大斜面となる。滑りやすいので十分な注意が必要。約3時間で前聖岳頂上。
奥には、標高2,978mの奥聖岳もある。余裕があれば、そこまで足を延ばしてもよいだろう。前聖岳から稜線を歩き往復1時間。
コース紹介
コースマップ
お花畑のアイコンお花畑キャンプ指定地のアイコンキャンプ指定地水場のアイコン水場山小屋のアイコン山小屋
PDF形式のファイルを開くには[Acrobat Reader(無料)]が必要になります。
ダウンロードはこちらから ->
Acrobat Readerをダウンロードする
他のコースを見る
このページのトップえ
Copyright(c)2005-2019 井川情報ステーション All Rights Reserved.
4432194